稽古日誌

稽古日誌 · 2024/05/26
本日は、セリフを使った声出し、バレエの基礎練習をしました。その後、台本を使った稽古。ダンスに負けないようなエネルギーのある芝居を行うことが大事だと分かりました。それぞれの役は舞台上でしか存在できません。一分一秒でも長く、その役が「生きていける」ような芝居を心がけたいと思います。

稽古日誌 · 2024/05/12
本日は久しぶりに鎌取でのお稽古でした。作中で使う音源の候補を出したり、少しずつ物語の土台ができてきてとてもわくわくしました!また、初めての通し稽古を軽くですが行い、なんとなくですがイメージが湧いてきて本日も楽しいお稽古でした!

稽古日誌 · 2024/05/05
前回の復習から新しくでた台本の立ち稽古をおこないました。役として自分の主張をしっかりすること、それぞれ違う想いの強さやテンポがあること、自分の熱量で周りを巻き込むような力が必要であることが分かりました。もっともっと役として、そのキャラクターを深掘りしていきたいです。

稽古日誌 · 2024/04/27
修正された台本の読み合わせと、前半の稽古をしました。改めて登場人物の気持ちや性格をみんなで想像して、作り上げていきました。その人の持ってる気持ちと、話す相手によって気持ちを隠したり隠さなかったり、、、関係性によっても言葉のイメージが移り変わっていって難しいけど面白かったです。続きが楽しみです。

稽古日誌 · 2024/04/20
本日は初めにお芝居とは何かというのを丸山先生に教えて頂き、お芝居って料理と似てて少しずつ味付けしていくことが大切だということをお話していただきました! その後相手に対してどの力の大きさで接すればいいのか、どのように動けばお客様からどう見えるのかというのを意識した練習を行いました!

今日の稽古(2024/4/13)
稽古日誌 · 2024/04/13
本日も台本を使った芝居の稽古でした。役を心に向けると、お客様には伝わらない芝居になってしまうということが分かり、外へ外へ表現を向ける必要があることが分かりました。決まった動きをするのではなく、人と人との関わりの中で動きがつくことを忘れないようにしたいと思います。 また、演技の表現は「泣き」が16種、「笑い」が40種あるとのこと。なるべく明るい舞台になるような表現を心がけたいと思います。

稽古日誌 · 2024/03/24
本日は初めから台本の練習でした。 どのように台詞を言えば見ている人にどう伝わるのかなど、それぞれの役に向き合う練習になりました。

今日の稽古(2024/03/16)
稽古日誌 · 2024/03/17
初めに起こしてゲームをしました!眠っている相手をどのようなシチュエーションにして起こすのか考え実行するというゲームです! 次にダンスの基礎としてターンの練習を行いました!ターンする時に頭を残して回ることによって目が回りにくくなるという練習です 最後は次に行う台本の練習をみんなで行いました!

稽古日誌 · 2024/03/09
本日はまず初めにお芝居の上で大切なテンポ感を鍛えるために簡単なリズムゲームをしました。 その後、本番前に緊張して手が冷たくなってしまうと動きが固くなってしまうのでそれを防ぐ練習として腕のマッサージを行いました。 そして、10月頃に行う本番に向け歌のオーディションを行いました。 課題曲はTHE BLUE HEARTSさんで「1000のバイオリン」でした。 最後は、みんなで台本読み練習を行いました。

稽古日誌 · 2024/02/17
ウォーミングアップで嘘を見抜くゲームや簡単なステップ練習をしました。その後次の舞台の冒頭5ページをそれぞれ役をランダムで振分けて練習しました。

さらに表示する